住まいのヒント

HOME > 住まいのヒント > トピックス > 日刊木材新聞掲載 「ZEH追求や独自建材で差別化」

日刊木材新聞掲載 「ZEH追求や独自建材で差別化」


1月6日の日刊木材新聞に、「ZEH追求や独自建材で差別化 持ち家志向で実需は堅調」が掲載されました。

--下記は新聞記事内容抜粋--

東海地区は、ものづくりを軸とする産業基盤があり、雇用や所得の安定が、高い持ち家志向につながっている。2017年は住宅ローンの低金利や改定相続税制などを背景に住宅着工数は堅調に推移したが、需要は大手住宅メーカーや有力ビルダーが主体になっており、小規模な大工・工務店との受注格差が広がった感がある。並行して工法や部材の見直し、ZEH(ゼロエネ住宅)への取り組みなど構造的な変化も加速している。

ZEH仕様を強力に推進
新和建設(愛知県北名古屋市、藤井保明社長)は、中京エリアで展開する木造注文住宅ビルダーで、年間の建築供給棟数約240棟、リフォーム工事や古民家再生事業など年間約1500件を手掛ける実力派として知られている。・・・以下続く

20180111_nikanmokuzai_main.jpg