住まいのヒント

HOME > 住まいのヒント > 今週の住まいる! > 381.川沿いの景観を生かしたリゾートホテルのようなウッドデッキ【岐阜県川辺町W様邸】

381.川沿いの景観を生かしたリゾートホテルのようなウッドデッキ【岐阜県川辺町W様邸】


 今回は、岐阜県加茂郡に悠々と流れる美しい飛騨川沿いに佇む、W様邸を訪れました。昔ながらの細い路地に入ると、オフホワイトの壁に片流れの屋根がハッと目をひきます。玄関ポーチのダークグレーの壁の裏には半畳ほどのスペースがあり、物置や自電車置き場としても活躍しています。

381_001.jpg

 玄関ドアを開けると、右手には作り付けの大型シューズケース、左手には何かと便利な玄関納戸がありました。1階の床はすべて味わいのある無垢の栗のフローリングです。素足でリビングを走り回る子どもたちが冬場も快適に過ごせたことで、奥様は改めて木の魅力を感じられたそうです。
 リビングに入ると、畳スペース・ダイニング・対面キッチンがひと繋がりとなった空間が広がり、さらに向かいの壁一面に大きく取った窓から、大空と雑木林の緑が飛び込んできます。広いウッドデッキに置かれたチェアからは、青々とした芝生の先に広大な飛騨川が一望できます。まるでリゾートホテルのような居心地のこの場所は、ご主人が喫むタバコを最高に贅沢なものにしてくれるそうです。
 週末には、友人を家に招待してバーベキューパーティーを行うことも。掃き出し窓を開けウッドデッキと和室とをひとつづきにすれば、3家族がくつろいでも十分なゆとりがあるそうです。
 
381_002.jpg

 W様ご夫妻は共働きのため、物干し場にもこだわりました。ウッドデッキの大きめの屋根は、突然の雨から洗濯物を守ってくれます。また、日当たりの良い畳スペースは雨天には物干し場になります。子どもたちの様子がいつもわかるよう、対面キッチンからリビングが見渡せるのはもちろん、玄関からリビングを通って2階に行く間取りにしています。

381_003.jpg

 新築を検討中の方へのメッセージをとお願いしたところ「収納を多くしておいて正解でした。床下収納や玄関収納・階段下の収納のおかげで、部屋をスッキリと保てます。」とのこと。日々の癒しも利便性も、ちょっとしたパーティーでも。どんなシーンにも映えるたくさんの"素敵"が詰まったご邸宅でした。(川合)