住まいのヒント

HOME > 住まいのヒント > 今週の住まいる! > 383.愛らしいオーナメントが似合うナチュラルフレンチの家【愛知県一宮市U様邸】

383.愛らしいオーナメントが似合うナチュラルフレンチの家【愛知県一宮市U様邸】


雲一つない秋の青空に似合う、ヨーロッパ映画から飛び出してきたようなご邸宅で暮らすU様ご家族の元を訪れました。赤味の異なる赤瓦が賑やかな屋根、淡いオレンジの壁面にはアイアンの柵や飾りが目を引きます。水色と白のストライプのオーニングが、まるで雑貨店のよう。雰囲気を守るため、雨戸はつけず、代わりに防犯窓にしてセキュリティーを維持しました。シンボルツリーに沿って大きく曲線を描くアプローチが庭に広がりをもたらします。

383_001.jpg

花畑のような小窓が愛らしい木製ドアをあけると、クリスマスツリーと奥様のセンスが光るオーナメントが出迎えてくれました。R壁にグレーのカーテンがついた玄関収納に、生活感のあるものは隠してあります。ステンドグラスの引き戸からリビングに入ると、右には和室、正面には欧風カフェのような対面キッチン、その横にはダイニングが。アクセントになる壁時計や飾り棚のアイアンが、乙女心をくすぐります。ダイニングの壁面は、将来子どもたちの勉強机にとスタディーコーナーを設けました。パントリーには、生活雑貨や勉強道具も片付けられて便利だそう。キッチンカウンター横につくりつけたマガジンラックには子供たちの絵本。キッチンから脱衣所・風呂場まで一歩でいける家事動線もお気に入りのポイントです。

383_002.jpg

廊下を極力なくし、2階は階段を中心に周回できる間取りにしました。北側一面は、家族全員分のウォークインクローゼット。西南側にL字に続く夫婦の書斎兼寝室は、まだ小さい子ども達と一緒に寝やすいよう就寝スペースのみ畳にしました。東側に配置した子ども部屋は、入り口だけ二つ用意。子どもたちの成長に合わせて仕切る予定です。子ども部屋やトイレのお洒落な壁紙にも、こだわりと遊び心を感じました。

383_003.jpg

「家にいる時間が一番長いから」と奥様の希望を優先されたというU様も、リビングが一番心地よいと満面の笑み。女性の夢の詰まったご邸宅にはご家族の愛が溢れていて、私まで笑顔になってしまいました。(川合)