お客様インタビュー(今週の住まいる!)
新築にあたって、新和建設を選ばれた決め手はなんでしょう?
子どもがお腹の中にいた頃「生まれてくる子が暮らしやすい家を建てたい」と考えたんです。妻の実家に近く、自然豊かな所で子育てをと思い、土地探しから始めました。よい場所があると聞き、見に行った土地が新和建設の不動産部「ハウスドゥ可児店」が扱っている分譲地でした。ハウスドゥさんも、紹介された新和建設の営業さんもいい人ばかり。展示場の美しさや、周りからの評判の良さも安心できるポイントでしたが、決め手になったのはやはり「人」。私たちは一生住む家を、本当に信頼できる人と一緒に作っていきたいと思いました。
営業や大工と密にコミュニケーションをとって家づくりをされたそうですね。
私たちは「あれもしたい、これもしたい」「でも予算も気になる」と考えがまとまらなくて。そんな時、いつも新和さんは思いを現実にする提案をしてくれました。夫婦で意見が分かれたときも、営業さんが間に入って丸くおさめてくれたり。(笑)
洗面と脱衣所を分けたいとか、我が家ならではの要望にも応えてもらいましたし、プロの視点でのアドバイスも嬉しかったです。細部までこだわったので完成まで大変でしたが、打合せは毎回楽しかったですね。

広々として明るく、とても心地よいお部屋ですね。
最初に「リビングに自然と人が集まる家にしたい」というコンセプトを考えました。どの部屋へ行くにも、必ずリビングを通って家族の顔を見られるようにしたくて。そして、二階をつくらず平屋建てに。階段や段差が小さい子どもには心配でしたし、十分な広さのある土地なので。
近くに住む母や祖母と一緒に料理ができたらと思い、キッチンにもゆとりを持たせました。。勝手口に設けたパントリーの使い勝手も気に入っています。
展示場で見て素敵だなと思ったので、天井を高くし梁を出してもらいました。これだけ広くても冬はとても暖かいし、暑い日は風が通って快適ですよ。
実際にお住まいになられて、今はどんなことをお感じになられていますか。
実は両隣やお向かいさんなど、近隣も新和建設で家を建てられた方。子どもの年も近いので、よくご近所さんがうちに来られます。ウッドデッキやリビングで子どもを遊ばせながら、親同士が会話できるのは楽しいです。
今はエクステリアを作ろうと思って、自分でレンガを積んだりしています。長く住む家ですから、自分たちの手で少しずつ作り上げていくことを楽しみたいと思います。

こちらのお客様は、各務原展示場に来場されました。

展示場はこちら