HOME > 「わ」が家再生計画成功のカギ > 2.「わ」が家再生計画パートナー の見つけ方

「わ」が家再生計画 成功のカギ

2.「わ」が家再生計画パートナー の見つけ方

話し合った「わ」が家再生計画をパートナー候補へ伝える

家族で話し合った「わ」が家の再生計画を実行してくれるパートナー(工務店やリフォーム会社)を探します。
「わ」が家再生計画を伝えるには、依頼主としての下準備が肝心です。

下準備のカギ

1.「わ」が家再生計画の中で、重要だと思う項目順に優先順位を決めます。

2. おおまかな予算枠を伝えます。

3. 項目ごとに、イメ-ジしている理想のわが家に近い雑誌の切り抜きやスケッチを用意します。

4. 家の図面も用意できれば完璧です。

言葉だけではわかりにくい要望も伝わり、打ち合わせもスム-ズに。よりイメ-ジ通りのラフプラン、そしてより最終見積もりに近い見積もりがわかります。

「わ」が家再生計画実現に向けて 見積もりの取り方

「わ」が家再生計画パートナーが決まって見積もりを依頼する前に、施工にかけられる予算枠を割り出しておきます。この時現金の場合の予算枠、ロ-ンを利用する場合も考えておくとよいでしょう。
「わ」が家再生計画の優先順位とともに予算枠を伝えれば、予算内でどこまでできるか提案してもらえます。リフォ-ムには、「わ」が家再生計画パートナーからの見積もりに含まれない、次のような費用も発生します。

見積もりに含まれない費用

・インテリア関係の費用
リフォ-ムにともなう照明器具やカ-テン、家具などの新調。

・引越し、仮住まい、保管料
大がかりなリフォ-ムの場合は、仮住まいへの引越しが必要です。2回分の引越し料金と家賃も予算にプラスを。

・設計変更などの費用
実際に工事を始めてからのやむを得ない変更、補強などの追加工事が発生することも考えられます。

※リフォ-ムロ-ンをご利用される場合はロ-ン手数料や印紙代等の手続き費用が別途発生いたします。 見積りのの1~2割くらいのオ-バ-を予定しておきましょう。

見積もり時のトラブルを防ぐ5つのカギ

「見積もり確認の時、ああしていればこんなことには・・・」後悔するまえにチェックしたい5つのカギです。

1. 図面と照合しながら、工事範囲と工事内容をチェック。 要望した補修などの工事が抜けていないかを確認します。

2. 取り合い工事(工事部分と既存部分が接する部分の補修工事)が、きちんと見積もられているかを確認します。

3. 要望が反映されているかをしっかりチェック。 何社かに依頼をした場合は、どの提案がよいか、家族それぞれの立場でシミュレ-ションをしながら検討します。

4. ラフプランと見積もりは無料というケ-スが多いようですが、ラフプランは本来最も各業者のノウハウや独自性が 問われるもの。建築事務所のほか、リフォ-ム専業会社でも企画料として有料の場合があります。事前に確認しておきましょう。

5. 別途工事や別途料金という項目があれば、その内容、おおよその予算を聞いておきます。

このページの先頭へ