HOME > リフォームお得情報 > 住宅ローン減税制度

リフォームお得情報

住宅ローン減税制度

2013年9月13日更新

住宅ローン等を利用して住宅の新築や購入、中古住宅の購入、増改築等をし、その住宅に住み始めた場合、一定の要件にあてはまれば所得税の税額控除が受けられます。
所得税から控除しきれない金額がある場合は、当該残額が翌年度の個人住民税から控除されます。

控除期間 入居年 住宅の種類 ローン残高 控除率 最高控除額 10年間の合計控除額(上限)
10

21 一般 5,000万円 1.0% 50万円 500万円
長期優良 1.2% 60万円 600万円
22 一般 5,000万円 1.0% 50万円 500万円
長期優良 1.2% 60万円 600万円
23 一般 4,000万円 1.0% 40万円 400万円
長期優良 5,000万円 1.2% 60万円 600万円
24 一般 3,000万円 1.0% 30万円 300万円
長期優良 4,000万円 40万円 400万円
25 一般 2,000万円 1.0% 20万円 200万円
長期優良 3,000万円 30万円 300万円


マイホームを売却した際に、当初の購入金額から、建物の減価償却費と購入時、売却時の諸経費を差し引いた金額よりも、さらに低い金額で売却した場合は、「居住用財産の買換え等の場合の条と損失の損益通算及び繰越控除の特例」を利用でき、売却をした年だけでなく、その翌年以降3年間にわたり控除を受けることができます。(平成23年12月31日まで)

出典:「あいち★すまい・まちづくり 情報広場」愛知県ゆとりある住まい推進協議会

このページの先頭へ