光と風

光について

暮らしに「太陽」を取り入れる

降り注ぐ自然の光。太陽の光を十分に取り入れるための空間設計。敷地や周辺環境を含めた全体を捉えながら個々の繋がりを検討し、心地よい暮らしを実現します。

  • 1
    季節によって
    太陽の周り方は異なります

    太陽は東から昇って西に沈むと考えがちですが、実際は夏と冬で大きく違いがあります。夏至の日の出は、東から約30度も北寄りから上がって、西から約30度も北寄り沈みます。対し、冬至の日の出は東より南に約30度寄りで、日の入りは西より約30度南寄りです。

  • 2
    季節によって太陽の高さは、
    こんなにも違います

    家の配置は東・南面を開放的に、北・西面を閉鎖的につくると、冬の間は太陽の高度が低い為、朝から夕方まで光がたっぷりと室内に入ります。また、夏の厳しい朝夕の日射しも遮ることができます。

3
太陽のエネルギーを上手に取り込むには

敷地内の北側に寄せることが基本 南と東の日照を多く受ける工夫

  • 4
    敷地の日照条件を検証してみましょう

    年間日影図 夏と冬ではこんなに日の当たり方が違います。

  • 5
    敷地の日照条件を考慮した
    空間を考えましょう

    たとえば、冬でも日の入るリビング

風について

暮らしに「風」を取り入れる

エアコンでの体温調整、高性能の換気設備。それらを考える前に自然の風を導入してみてはいかがでしょう。余計なエネルギーに頼りすぎず、自然を感じる暮らしの中に、健康と快適を届けます。

1
敷地にはどんな風が吹いているでしょう?
  • 意識して自然を感じてみると、土地によっていろんなパターンがあることに気付くはずです。

2
理想的な風の通り道を考えましょう

通風計画のポイント

3
地域の風には特徴があります

風の吹いてくる向きは、短い時間で考えると日々バラバラに感じますが、
実際は場所と季節の組み合わせでだいたいのパターンが決まっています。

年間風配図

Go to top