Wrap工法

Wrap工法とは?

泡で断熱、シートで遮熱。足元もパネルで快適。高い気密・断熱性により、一年中温度差の少ない住空間を実現します。

新和建設の超高断熱仕様は、愛知・岐阜・三重でも北海道の基準を上回る 2020年省エネ基準比200%以上の断熱性

  • UA値|外皮平均熱貫流率

    建物全体で一定の熱がどれだけ失われるかを指標。値が小さいほど室内の暖気が、ガードされていることを示します。

    新和建設の家は0.55w/㎡・K(今までの一般的な住宅 1.45w/㎡・K)

    6地域名古屋の平成25年省エネルギー基準値に比べ約36%UP
    2ランク上の3地域(青森県、岩手県)の基準もクリア

    ZEHを超えた断熱性能

  • ηA値|外皮平均日射熱取得率

    夏期における日射の入りやすさを表します。ηA値が小さいほど、日射が入りづらく、冷房効率が高くなります。

    新和建設の家は1.80(今までの一般的な住宅 3.30)

    6地域名古屋の平成25年省エネルギー基準値に比べ約35%UP
    一番厳しい8地域(沖縄県)の基準もクリア

    熱の侵入を45%カット!

  • 区分の対象となる主な県を表示しています。ただし、地域は市町村単位で決められており、県の中でも複数の区分にまたがる場合もあります。
  • UA値、ηA値はモデルプランを使用して解析した結果であり保証するものではありません。
  • 今までの一般的な住宅:昭和55年省エネルギー基準適合レベルを想定しています。
Go to top