スタッフブログ

屋根の漆喰

2018/08/18(土) 建物外部

今回は、屋根についての工事をしてきました。

屋根と言ってもいろいろあります。おおまかに一般住宅では、板金、カラ―ベスト、瓦と言ったところがあります。
当社では、瓦が主になってきますが瓦にも平板瓦と和瓦があります。
そのうちの和瓦の工事になります。和瓦は、皆様知っての通り波を打った形状になっておりますので建物の壁との取り合いや棟瓦との取り合いに半円状の隙間ができます。そこに漆喰が塗ってあります。
年数が経ってきますと漆喰も剥がれてきてしまったりしますので塗り替えが必要になります。剥がれた状態などにしておきますといずれは雨漏れの原因にもなりかねません。

ホームオーナー様のご依頼により屋根の点検を行い、漆喰の状態などのお話から塗り替えになりました。
屋根の大きさや形状にもよりますが決して安くない工事ではあります。が やはり家を長く持たせるには必要な工事かとは思います。

漆喰の補修を行った瓦

 

漆喰の補修を行った瓦

 

白い部分が漆喰になります。
こちらは、施工後の写真になります。これでしばらくはまた安心できます。

点検なども実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

記事一覧|2018年08月

ページトップへ