スタッフブログ

新和の家の柱

2019/08/20(火) 住宅お得情報

今回は、「柱」についてお話いたします。

柱は住宅を支える大切な役割を持っています。
柱には無垢材と集成材の2種類あり、新和建設では、無垢材の柱を使用。
その中でも、岐阜県の東濃桧にこだわって使っています。

構造

柱は無垢材の東濃桧にこだわる理由

  • 桧の無垢材
    法隆寺の五重塔や金堂は現存する世界最古の木造建築物と言われています。その主材には桧が使われており、1400年の歳月を超えて今も建物を支え続けています。このことから分かるように桧の無垢材はとても丈夫な素材です。
  • 銘木「東濃桧」
    寒い地方の木材は密度が濃く強く育ちます。東濃桧は耐久性が高く、光沢も美しい素材です。また、地域の気候風土に適した住まいをつくるには、その地域で育まれた素材を使うことが一番大切だと考えます。

 

住まいを支える構造。
住宅を検討の際はどんな素材を使っているのか見てみるのもいいかもしれませんね。

新和建設では、構造見学会を随時開催しています。
実際に見て確認してみてはいかがでしょうか。

ご興味のある方はお気軽に展示場スタッフにお尋ねくださいませ!

イベント一覧はこちら

 

展示場一覧はこちら

記事一覧|2019年8月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ