スタッフブログ

新和建設の窓

2019/09/17(火) 住宅お得情報

こんにちは。皆さんは、熱が最も逃げやすいのは開口部(窓など)ということをご存知ですか?断熱窓にすることで、快適な温度を保てるんです。

快適な室内を保つうえで特に重視しなければならないのが、もっとも熱が出入りする開口部の断熱対策。窓や玄関ドアからの熱の損失を防ぐために、すべての開口窓の断熱性能を高める必要があります。新和建設では、断熱サッシと高性能ペアガラスの組み合わせにより、開口部の断熱性能を向上。部屋全体の快適性を追求しています。

 

■新和建設で使用している「アルミ樹脂複合窓」

アルミ樹脂複合窓

  • 断熱性
    熱の逃げにくさは一般的な単板ガラスの約3.5倍にもなります。
  • 経済性
    熱損失が少ないため冷暖房費の削減につながります。

 

■新和建設で使用している「遮熱高断熱Low-e複層ガラス」

Low-e複層ガラス

  • 防露性
    室内の窓面の温度差を抑えることにより深いな結露を抑えます。
  • デザイン性
    枠・障子をアルミと樹脂の複合構造にしたスマートなデザインです。

 

窓の断熱性能は一般的な単板ガラスの約3.5
窓から外に逃げる熱は、屋根や外壁に比べると大きな役割を占めています。住まいの快適性を高めるために窓選びは重要なポイントといえます。室内から逃げる熱の割合を単板ガラス100%として比較した場合、断熱樹脂サッシとlow-eペアガラスの組み合わせでは、約28%にまで抑えることができます。また、熱損失が減少することで冷暖房コストの削減にもつながります。

窓性能比較表

断熱を考える際は、どんな窓を使っているかに注目して見てみてください!

記事一覧|2019年9月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ