スタッフブログ

令和元年 年末のご挨拶

2019/12/27(金) トピックス

令和元年も残すところあとわずかとなりました。皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。本年は格別のご愛顧を賜り、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

さて私共新和建設は今年度、創業から50周年を迎えました。皆様のおかげをもちまして、東海エリアで5,000棟以上の住まいづくりのお手伝いをさせていただくことができ、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

今年は、リフォーム事業におきまして、2019年グッドデザイン賞を受賞しました。ホームオーナー様のお住まいをテーマに「築100年の古民家をこれから先100年住み継ぐ」という新和建設ならではの古民家再生にスポットを当て、グッドデザイン賞というお墨付きを得られたこと、大変価値のあることでうれしく思っております。

また、愛知県名古屋市の「神宮東中日ハウジングセンター」の場所の移転があり、それに伴い新和建設のモデルハウスを新築。今年7月にグランドオープンしました。コンセプトは「つなぐ家」。屋外と屋内、部屋と部屋、建物と自然、人と人とをつなぐ空間、住まいとなっております。

11月には、「ハウスドゥ!」に加盟する新和建設不動産本部が、新しく犬山店(愛知県犬山市)をオープンしました。不動産売買・仲介サービスの他、犬山店では、新たに「家・不動産買取専門店」もスタート。不動産に関する各種サービスを全力でサポートする環境が整いました。

商品におきましては、「SINWA STAGE Gracial(グラシアル)」を新発表。住まい手が感じる「格好良さ」や「高級感」、「素材感」といったものを重要視し、そこに居るだけで気持ちが満たされる感覚がこの先もずっと続いていく、そんな住空間を作り出しております。こちらは来年モデルハウスが完成、オープン予定ですので、是非ご期待ください。

そして、新和建設のアフターサービス「新和建設の一生お付き合い宣言」も取り組みから4年目を迎えます。ホームオーナー様には、建ててからの安心を末永く約束する住まいと暮らしの生涯サポートを具体的な形にし、確実にバックアップする体制ですすめております。そして「SINWA 縁づくり project」では、人と人とのつながり“縁”を何よりも大切に考えます。感動の住まいづくりでつなぐことが私共の役割であると考え、このご縁を大切に安心して暮らしていただける環境を提供できればと思っております。

このように、新和建設は今年もまた元気に新たな取り組みに挑戦し、進化してきました。新しい年におきましても更なる挑戦とお客様に感動していただける住まいづくりを目指し、邁進してまいりたいと思っております。

来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈りしまして、本年の業務を終了させていただきます。

代表取締役 社長 吉村浩人
代表取締役副社長 藤井 健

神宮東展示場

記事一覧|2019年12月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ