スタッフブログ

住宅市場における「ウッドショック」の影響と当社の現状

2021/05/12(水) トピックス

近頃「ウッドショック」という言葉がテレビや新聞で頻繁に取り上げられています。当ブログをご覧頂いている皆さまも、なんとなく見聞きされているかもしれませんね。

今回のブロクでは、このウッドショックについて触れるとともに、当社の現状についてもご報告させていただきます。

 

ウッドショックの要因

長引く新型コロナウイルスの感染拡大により、いま世界中で、かつてないほどの住宅バブルが起こっています。
リモートワークの定着が進んだ諸外国では、都心から郊外へ移り住む世帯が増え、新築着工数・リノベーション施工数ともに急増しています。とくに、低金利施策の後押しがあるアメリカや、経済回復の兆しがある中国では、その動向が顕著と言えます。

さらに、ロックダウン等の影響から人手不足が深刻化し、海上輸送のコンテナを確保することが難しくなり、ともなって運賃も上昇しました。

コロナ禍におけるさまざまな状況が絡み合って、世界的な木材不足と価格高騰「ウッドショック」の要因となっているのです。

 

日本への影響

このウッドショックは、日本の住宅市場にも影響を及ぼし始めています。

日本の住宅は、約7割を外国産材(とくに欧州産材)に依存してきました。しかし、前述のような世界規模の住宅バブルによって、欧州産材のほとんどがアメリカや中国に流れていることから、2020年以降木材輸入量は減少傾向にあります。
本来であれば山積みの丸太を保有している卸売り業者は、その在庫確保に困窮し、構造用集成材(住宅の柱や梁、土台に用いられる木材)を生産する建材メーカーも、金額や納期の見通しを立てられず苦境に陥っています。

こうした背景から、これまで外国産材を主軸としていた国内の住宅メーカー・工務店の多くが国産木材使用に舵を切り始め、国産木材市場においても需給バランスが崩れ始めました。したがって、従来国産木材を主軸としていた住宅メーカーや工務店、家具メーカーなども、安定的な資材調達に向けた対策を迫られているのです。

 

当社の現状

新和建設は創業から一貫して、岐阜県産東濃ひのきを中心とする国産材にこだわった家づくりに携わって参りました。

これまでの当社の歩みは、取引先・関係先業者様と築き上げてきた良好な信頼関係の賜物にほかなりません。
そして、ウッドショックならびに国産材市場の変動が予断を許さぬ状況のいま、より一層盤石な協力体制を整え、謂わば【ワンチーム】として困難を乗り越えるべく尽力しており、当面のところ、これまでどおり建築資材が確保できることを見通せております

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見込めない現状を鑑みると、事態の長期化によって、国産材市場がますます困窮を極めることも予測されます。当社と致しましては、さらなる情報収集と対策強化に努め、安心の住まいづくりを提供できるよう邁進して参ります。

お客さまにおかれましても、さまざまなニュース・情報からご不安・ご懸念を抱かれることがあろうかと思います。そのような折には、ぜひお気軽に担当者までご相談くださいませ。可能な限り最新の情報を以てご説明をさせていただきます。

 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

記事一覧|2021年05月

ページトップへ