SINWA STAGE KIRAKU

商品

東濃ひのきと自然素材に囲まれた家

外観イメージ

KIRAKUの外観

 

KIRAKUの外観

 

KIRAKUの外観

 
内観イメージ

KIRAKUの内観

 

KIRAKUの内観

KIRAKUの内観

 

KIRAKUの内観


参考プラン

KIRAKUの平面図

※クリックをすると大きな画像が表示されます

多目的シェアルーム

①多目的シェアルーム
外と内をゆるやかにつなぐ動線計画なので、いっしょに暮らす家族に気兼ねすることなく出入りができます。はじめは、ゲストスペースやパパ・ママの趣味部屋として、後に、同居する家族の個室や寝室に利用するなど、リフォームの必要なく、ライフスタイルの変化に対応できます。

 

家族で楽しむタタミコーナー

②家族で楽しむタタミコーナー
ゆったり座ってくつろげる現代風タタミの間。暮らしに合わせ多目的に使えるフリースペースです。子供たちが小さいうちは遊び場やお昼寝の場所として大活躍。また洗濯物をたたんだり、子供のオムツを替えるのにも便利です。

楽々水まわり

③らくらく水まわり
毎日をもっと楽しく快適に。勝手口まで真っすぐ最短距離を結んだ水まわり動線。直線的な流れで効率のよ家事をサポートします。また、あえてキッチン横に配した電卓スペースは、好きなカラーの扉で収納でき、奥様好みの空間を演出できます。

 

回遊できるみんなのキッチン

④回遊できるみんなのキッチン
対面でありながら、ぐるっと回遊できるアイランドタイプのキッチン。今日の出来事を話しながら食事の準備や、皆でいっしょにお菓子づくりなど、家族のコミュニケーションタイムを演出。ゆとりの作業スペースだから、パパや子ども達も気軽にお手伝いを楽しめます。

リビングダイニング

⑤リビングダイニング
食事の時間など皆がバラバラの生活リズムになりがちな、忙しい毎日だからこそ、家族で過ごす時や場所は大切にしたいもの。いつも誰かがそこにいる、食べるも、くつろぐも楽しめる、少し低めのイスやテーブルから始まる、新しい家族団らんの空間です。

 

駐車スペース

⑥ゆとりの駐車スペース
限られた敷地の中にも、2台+αの駐車スペースを確保。エクステリアの一部としてデザインされた駐車エリアは、お客様用として、また家族構成の変化にも十分対応できる仕様になっています。

自然を感じる空間

⑦自然を感じる暮らし
あふれる光、吹き抜ける風、四季折々の花や緑、室内にいてもまるで森の中にいるような、自然の恵みと共に暮らす喜び。お庭も住まいの一部としてデザインしました。

 

 

 

KIRAKU参考プラン

※クリックをすると大きな画像が表示されます

ファミリーホール

⑧絆を育てるファミリーホール
2階ホールは、子供たちの頑張る姿を見守る場所。お絵かきしたり、勉強したり、作品たちを飾ったり。親と子の絆を育む、ふれあいの空間です。

 

大きな吹き抜け

⑨大きな吹き抜け
1階と2階をゆるやかに繋ぐ吹き抜け空間。どこにいても家族の気配が伝わる安心感。流れる風とやさしい光。立派な小屋裏の木組みが家族の成長を見守ります。

ナイトリビング

⑩ゆっくりナイトリビング
1日の疲れを癒すリラックスタイムだからこそ、寝室にリビングのくつろぎを。寝て休むだけの場所ではなく、読書や趣味に、ゆっくり夜の時間を楽しむ贅沢な空間として。

 

子ども部屋

⑪成長する子ども部屋
はじめは大きな1部屋を、子どもが増えたら2部屋に仕切ったり、将来的には夫婦のプライベートスペースに。世代を超えてフレキシブルにアレンジできる可変空間です。

 

KIRAKU説明

家族の健康と安心を守るハイブリッド仕様

エネルギー収支をゼロにするエコな住まい

たくさんつくり、少なく使う。効率のよいエネルギーの活用は、お財布にもやさしい。

画像

 

画像

 

※計算条件:独立行政法人建築研究所 住宅・住戸の省エネルギー性能プログラムによる試算。愛知に建つ148.73m2の住宅。1990年頃に建てられた一般的な木造住宅はUA値1.53、エアコン、換気扇、ガス給湯器は一般的な機器、白熱灯を使用等の条件で試算。スマートウェルネス住宅は、高断熱仕様によりUA値0.57、エアコンは主たる居室に高効率エアコン、換気扇は比消費電力0.08(w/m2/h))、給湯器はJIS効率3.3の電気ヒートポンプ給湯器、LED照明、太陽光発電6.58kwにて算出。
※算出した数値は目安であり、それを保証するものではございません。実際の生活パターンや設備機器等の使用状況により異なります。
※太陽光発電買取価格37円/kWh、比較モデルは東京電力重量電灯B、東京ガス料金にて算出。本物件は電気上手(使用比率 朝晩50%、昼間25%、夜間25%)にて算出。(2015/1/26)

高い断熱・遮熱性能を実現

次世代省エネルギー基準を、高いレベルでクリア。

画像

 

画像

 

※上記は区分の対象となる主な県を表示しています。ただし、地域は市町村単位で決められており、県の中でも複数の区分にまたがる場合もあります。
※UA値、ηA値および年間光熱費などの金額はモデルプランを使用して解析した結果であり保証するものではありません。
※今までの一般的な住宅:昭和55年省エネルギー基準適合レベルを想定しています。

 

注文住宅|商品ラインナップ

ページトップへ