家づくりのこだわり「木・技・心」

 

こだわり「木」

安心の100年住宅仕様

新和建設は、耐久性が高く、光沢の美しい東濃桧をふんだんに使い、長く安心して暮らして頂ける家をつくり続けています。
それは100年の月日を経ても、なお気持ち良く、ご家族の歴史を刻み、健康な暮らしを包み込んでくれるような、孫子の代まで安心して住み継げる我が家です。

自然と寄り添い暮らす

季節の移ろいや自然の美しさを暮らしに取り入れ、木の温もりと肌触りを五感で感じられる住まい。
室内の仕上げには珪藻土の塗り壁や和紙など呼吸する素材を使い、床は桧の無垢フローリングなどの自然素材にこだわった健康住宅。古き良き日本の心を現代に受け継ぐ、夏涼しく冬暖かい、自然と寄り添い暮らす家を提案しています。

  階段の踊り場

中庭  

美濃白川の銘木「東濃桧」

新和建設は、地域の気候風土に適した住まいをつくるには、その地域で育まれた素材を使うことが一番大切だと考えます。土台、柱、筋交いなど垂直構造材に東濃桧を使用することにこだわるのもその観点からです。桧の極太構造材は耐久性に優れ、狂いが少なく、その土地にしっくりなじみます。

東濃桧(とうのうひのき)とは、岐阜県東濃地方を中心に産出されるヒノキの銘木です。耐久性が高く、木造住宅の部材として用いた場合狂いが少ないことが長所です。また木目や木肌が美しく、香りも強いという美点もあります。

NPO法人 環境共棲住宅 地球の会に加盟

新和建設は、全国の有力工務店で組織されたNPO法人環境共棲住宅「地球の会」に加盟し、豊かな日本の森林、木の文化を誇りとし、次世代につなぐため、環境保護活動にも力を入れています。木の家づくりを通じて日本の森林と林業を守り、「地球の会」の活動を通じて持続可能な資材として活かせるよう、故郷である山を守っています。

こだわり「技」

匠の技・棟梁へのこだわり

現在、棟梁、研修生あわせて100名以上の大工が在籍しています。
その中には親子2代で続いている棟梁も14組となり、この体制は全国でも貴重な存在となっています。

次世代の技術にも対応

伝統技術の継承以外にも、次世代に求められる新工法の技術も取り入れるよう、隔月勉強会として「棟梁会」を実施し、技術の向上や最新情報の共有に役立てています。

  大工集合写真
若い大工
 
大工棟梁
 

「家づくりは、人づくりから」 独自の大工育成システム

日本が世界に誇る伝統的な職人技術の継承は、近年危機的状況にあると言われています。そんな中、私たちは創業以来一貫して、自社で大工の育成をすることに力を注いできました。「家は人が造る、その人は人が育てる」との確固たる会社の信念の元、毎年、工業高校や、大卒の新入社員を大工研修生として迎え入れ、20年以上前から自社独自のカリキュラムで養成しています。技術面だけでなく、組織の中で豊かな人間力も指導し、お客様に信頼される一人前の「棟梁」になるまで育て上げます。

 

技術開発・品質管理体制へのこだわり

新和建設の品質管理体制は、自社独自の品質基準がお客様の満足に反映されるよう、平成11年に木造注文住宅の品質基準として先駆けのISO9001を、続けて環境規格ISO14001をも認証取得しました。現在では改正も24版を超え、お客様満足への挑戦は進化し続けています。 さらに40年以上の実績経験から経年変化による建物への影響を軽減するために、材料の使い方から工法に至るまで、付加の工事手間をかけ耐久性のある住まいに仕上げる工事専門の品質基準書、そして建物のバランスとデザインを両立させ、さらに強さを保ちながら快適な生活を可能にする、設計専門の品質基準書を策定しています。対応するスタッフの力量も重要ですが、それを標準化でサポートする、この管理基準体制こそが、こだわりの注文住宅を年間200棟も皆様にご提供できる理由です。

     

ISO 9001とは

組織が品質マネジメントシステムを確立・文書化・実施・維持し、かつ、有効性を継続的に改善するために要求される規格。

ISO 14001とは

企業活動、製品及びサービスの環境負荷の低減といった環境パフォーマンスの改善を継続的に実施するシステムを構築するために要求される規格。

 

ベターリビングのロゴ

こだわり「心」

人生をご一緒に、長いお付き合いのはじまり

建物は住み続けるご家族がいるかぎり、存続します。そして、私たちの造る住まいは永い年月を持ち続ける耐久性があるとの自負もあります。
ただし、同時にお客様と会社の接点も継続していかなければ、その意味は成り立たないと考えています。それが故に孫子の代まで安心して住んでいただけること、それを見守りサポートしていくことが、地域密着型の会社としての一番のこだわりです。

ホームオーナー様感謝祭やメンテナンス講座など各種イベント

会社の年間行事としてもホームオーナー様を対象とした感謝祭の催しや、定期的に実施している住まいのお手入れ講座を開催。建物引き渡し後30年経ったホームオーナー様が現在も来場してくれています。このお付き合いこそが私たちの本当の財産だと考えています。

  お菓子撒き
     
現場監督
 
メンフクロウ
 

営業や工事担当が定期訪問

地域で愛される会社として長い年月を維持していくためには、引渡し後のお客様対応で常に良い評価を得て、誠実な仕事ぶりを地元の皆様にも認めていただくことが重要です。
なかなか声をかけにくい引渡しの後も、お客様からコミュニケーションを取りやすくするため、住まいづくりを担当させていただいた、営業や工事担当者が定期メンテナンスに伺っています。ちょっとした事でも遠慮せず、ご相談していただけることが本当のサポート体制だと私たちは考えています。

地域の皆様と共に

創業から現在までに健全な経営を維持できたのは、お客様満足のアップに努め、まじめに信頼を積み重ねてきた結果、地元地域の皆様に会社の評判が少しずつ広がっていったことが大きな要素となっています。
現在は総合展示場にも出展していますが、今でもホームオーナー様よりのご紹介は少なくありません。私たちは全社員対応で、お客様から特に満足の評価をいただける、会社のブランド力を上げることに日々全力をつくしています。

 

このご縁に感謝「SINWA」縁づくりproject

ありがとうございます 今日、出会えた縁に感謝

私たち新和建設は人と人とのつながり"縁"をなによりも大切に考えています。

どんな情報化社会になろうとも出会いは常に人と人。
その間には「縁」があります。その一期一会から生まれる新たな物語を感動の住まいづくりでつなぐことそれが私たちの仕事です。

新和建設は、ご紹介で育てていただいた会社です。
より一層つながりを広げて行きたいという想いから「SINWA 縁づくり project」が発足しました。
またさまざまな取り組みを行っていきますので、どうぞご期待ください。

 

縁づくりproject
家族写真

一生お付き合い宣言

生涯のサポートを保障
どの一邸にも変わらぬ安心をお届けできるよう、お住まいのお引き渡し時には、全邸に「保証書」をお渡しします。

定期的な訪問点検
お客様のハウスドクターとして、お引き渡し後も、住まいを担当した営業や工事担当者が、定期的にメンテナンスに伺い、住まいの状態をチェックます。

情報管理と情報提供
点検時のお住まいの状態を履歴として管理・更新しながら、日々のメンテナンスお役立ち情報も定期的にお届けします。

「もしも」の時にも安心のバックアップ体制
新和建設は、ホームオーナー様に「暮らす」喜びを味わっていただくために、アフターサービス専任のスタッフを配置すると共に、24時間電話サポートシステムで全社的なフォロー体制を構築しています。大切なのは安心感。空気のようにさりげなく、確実にホームオーナー様の暮らしをバックアップしていきます。

 
メンテナンスの表

 

ページトップへ