SDGsのロゴ

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省ホームページより


 SDGsに向けて新和建設の取り組み

1.豊かな緑を守る 
2.いつも安心安全・快適な住まい 

3.未来につなぐ住まいづくり 
4.未来につなぐ街づくり 

5.プロフェッショナリズムの追求 
6.トップランナーとしての責務

1.豊かな緑を守る 

新和建設のSDGsの取り組み 

 

地産地消の住まいづくりで自然を守る

現在、日本の山林は危機的状況にあります。近年の輸入材の利用量増加により、山林の手入れが行き届かなくなったからです。そこで新和建設では、100%国産材にこだわり、中でも地元の銘木「東濃桧」を構造材としてもふんだんに使用しています。国産材を使用することは、山の元気を取り戻し、林業の活性化や生物の多様性など環境を守ることにつながります。
また岐阜県白川町が行う、カーボン・オフセット運動(削減しきれないCO2を削減・吸収する取り組み)を支援することで、CO2削減に貢献しています。 

 

日本の山の画像

  

山の大切さ、木の良さを伝える

新和建設では国産材を活用した家づくりを推進するNPO法人 「地球の会」に加盟し、日本の森林を守る活動を続けています。地球の会はいち早く日本の山の危機に気づいた弊社相談役吉村が設立し、現在では全国から100以上の有力企業が結集し、その趣向に賛同しています。
さらにより多くの人たちに、木の良さや新和建設で建てる家のことを知っていただくために、2015年から毎年グッドデザイン賞とウッドデザイン賞の受賞に挑戦しています。(受賞歴はこちら)実際に家づくりで使用する木を見に行く、森林ツアーも随時開催し一般の人にも自然や木の良さを伝えられるよう努めています。

 

森林ツアーをしている様子の画像

 

環境にやさしい住まいづくり

今、世界的に問題となっている違法伐採は地球環境の破壊をはじめとする様々な問題を引き起こします。新和建設では、クリーンウッド法登録事業者として合法伐採木材を使用し持続可能な森林経営を阻害、悪影響をもたらす違法伐採の対策を行っています。
またISO14001(環境マネジメントシステム)を取得し、環境に悪い影響があれば解決し環境保全に貢献しています。
そして年間の消費エネルギーがゼロ以下になるZEHや、一生涯で収支するCO2がマイナスになるLCCM住宅の普及で環境にも人にもやさしい住まいを提供し、これからも新和建設は環境のことを考え地球にやさしい企業を目指します。

 

ISO取得マークの画像

 

 

2.いつも安心安全・快適な住まい

新和建設のSDGs取り組み  

自然と寄り添う健康な住まい

新和建設の家は室内の仕上げには珪藻土の塗り壁や和紙、床は桧の無垢フローリングなどの自然素材にこだわり、季節の移ろいや、木のぬくもり、肌触りを五感で感じられる住まいです。
また、空気環境健康仕様「Air eat」を標準で採用し、毎日気持ちよく過ごせるように空気の質を高めています。シロアリ対策には、目薬や健康食品の原料にも用いられるホウ酸を使用し、健康に害なく住まいを守ります。

 

自然素材の中に赤ちゃんがいる画像

 

100年先も住み続けられる住まい

ISO9001(品質マネジメントシステム)の国際基準に基づき、耐久性の優れた桧の軸組と耐震パネルを一体化したCS構法に、さらに制振装置ミライエをプラスしています。一棟一棟の構造計算をしてバランスがよく、建築基準比180%以上と耐震性の高い家を提供しています。
また省令準耐火仕様対応で、火災が発生しても延焼する速度が遅く避難時間を確保でき、初期の段階で消火できる可能性が増します。火災に強いだけでなく、火災保険に加入する際も一般の木造住宅より有利になります。
リフォームでは制振ダンパーのWAGAYAが建物の揺れを抑制し、繰り返す地震から家を守ります。

 

制振装置ミライエの画像

 

一年中快適でエコな住まい

新和建設のWrap工法は、住まい全体を丸ごと包み、2020年省エネルギー基準をクリアする200%以上の断熱性で、これは北海道の基準を上回ります。
また、ZEHLCCM住宅といった省エネ住宅の普及によって一年中温度差が少ない快適な住まいを実現します。

 

3.未来につなぐ住まいづくり

新和建設のSDGs取り組み 

世代を超えて住み継ぐ

新和建設は住みにくくなったら建替えていくのではなく、住みやすいように家を変化させて孫子の代まで受け継ぐことが大切だと考えています。長期にわたって良好な状態で維持できるよう、当社の商品は標準で長期優良住宅に対応し、またリノベーション・古民家再生では、単に古くなったところを取り替えるのではなく、ライフスタイルに合わせたり、将来の変化を踏まえたプランを考えています。
そして永く住んでいただくために最も大切なのはアフターメンテナンスです。新和建設では無期限保証・無料点検システムの「一生お付き合い宣言」というサポート体制で建ててからの安心を末永くお約束します。
このように新和建設では住まいの強さはもちろん、家族構成の変化にも対応でき、定期的なアフターメンテナンスで生涯のサポートを保証しています。

 

新和建設がリノベーション・古民家した家の画像

 

将来を見据えた省エネの住まい

1980年に制定された省エネ法により、断熱性や省エネの意識が深く根付くようになりました。新和建設では、2020年までに新築する住宅の50%をZEHにするとともに建設時のCO2排出量も含め、ライフサイクルを通じてCO2の収支をマイナスにするLCCM住宅の普及に力を注いでいます。
また自宅で使うエネルギーを見える化し遠隔操作でコントロールするIoT住宅は、エコで快適な住まいを実現できます。IoTは木美の杜(一宮展示場)可児展示場にコーナーを設け、実際に体験することができます。
このような省エネ住宅は将来的に、エネルギーコストを抑えることができ、環境にも家庭にも優しい住まいとなっています。

 

新和建設可児展示場のIoTパネルの画像

 

 

4.未来につなぐ街づくり

新和建設のSDGsの取り組み 

木のぬくもりをいつも感じる先進の街

新和建設の手掛ける大型タウンプロジェクト「SWT(スマートウェルネスタウン)」は、これから100年の月日を経ても「健康で快適な暮らし」と「最新のエコ」が持続するスマート・ウェルネス・ライフを発信する街です。通常の注文住宅と同様の品質はもちろん、ガイドラインでは緑化や環境への配慮等の項目が入っており、暮らしやすさや環境、街並みデザインを大切にしています。

 

新和建設SWTの街並みの画像

 

 

5.プロフェッショナリズムの追求

新和建設のSDGsの取り組み 

創業から続く、独自の大工育成システム

日本が世界に誇る伝統的な職人技術の継承は、近年危機的状況にあります。新和建設では毎年、工業高校や大卒の新入社員を大工研修生として迎え入れ、自社独自のカリキュラムで養成しています。最初の2年間は、岐阜県白川町にある建築大工訓練校に通い、もとは小学校であった木造校舎でじっくり日本伝統の木工技術を学びます。工程管理のIT化によって、仕事を切らさないように工程コントロールを徹底させ、仕事が安定することで、他職種を兼任せずに絶対的な大工棟梁のプロをつくることが新和建設のポリシーです。
また、次世代に求められる新工法の技術も取り入れるよう、定期的に「棟梁会」を実施し、技術の向上や最新情報の共有に役立てています。

 

新和建設大工棟梁の画像

 

多様な研修制度で若い世代を育てる

新入社員研修ではまず社会人としての人間力を鍛えるため1週間の外部研修を行い、その後社内で1か月以上の時間をかけて会社のことやビジネスマナーを学びます。また、歳の近い先輩社員が、1年間新入社員につき、アドバイスをするブラザーシスター制度では、新入社員の悩みや不安を解決するとともに、他部署との関わりを持つことで、会社に早く馴染むことができます。
新入社員以外にも、中堅・若手営業向けの設計研修を行い、3か月という短い期間で設計力を向上させ、お客様により良い提案ができるように努めています。

 

社員全員で変えていく

昨年創業50周年を迎えた新和建設では、会社をさらに発展させるために若い社員を中心に委員会活動を実施し、様々な取り組みを行っています。CMのリニューアルや社内の環境整備、社内イベントの企画、上述のブラザーシスター制度も委員会で活動しています。メンバーは他部署であったり、本支店で勤務先が違う社員を交えることで、様々な視点から意見が飛び交い、切磋琢磨して成功に導きます。また若い社員だけでなく、部長クラスの社員も各種プロジェクトを実施し、会社をより良くするために活動しています。
このように現場で働く本人たちが積極的に活動し、時代に合わせた働きやすい会社にどんどん変化させています。

 

社員が話合っている様子の画像

 

6.トップランナーとしての責務

新和建設のSDGsの取り組み 

未来の子供たちへ

新和建設では、地元の学生に木のことや大工について知ってもらうために、会社見学や職場体験を受け入れています。また、元気環境教室と称し実際に小学校で木についての講義を行い、東濃桧でできた掲示板をみんなで取り付けたり、自分で木の椅子や机をつくる、こども大工アカデミーも毎月開催し、木にふれあい香りや手触りを体験してもらいます。
新和建設はこれからも地域と連携して子供たちに木の良さや、大切さを理解してもらい、日本の山林を守る意識を持っていただけるよう活動していきます。

 

元気環境教室の様子の画像

 

地域の皆さまと共に

工事をするにあたって近隣の方への配慮として、現場とその周辺はきれいに掃除と整理整頓を行っています。そして建ててからも定期的なアフターメンテナンスやホームオーナー様対象の感謝祭「新和祭り」、メンテナンス講座などを開催し、末永くお客様に寄り添うことを大切にしています。他にもカルチャー教室や、季刊誌「空間上手」、年末には社員全員でお客様のお宅にカレンダーを届け、地域の皆さまと積極的にコミュニケーションをとっています。
また、災害時には台風上陸前後に電話で安全確認をしたり、大規模断水の際には市役所に水を寄付するなど、助け合い活動に取り組んでいます。
創業から人と人のつながりを大切に考え、このような取り組みを行い地域の工務店として信頼を積み重ねてきました。より一層つながりを広げたい想いから「SINWA 縁づくりproject」を発足し、新和建設での家づくりの体験を、これから家づくりを検討している方に伝えていただいて縁をつなげていきます。

 

縁づくりプロジェクトのマーク

 

パートナーシップを組む

日本の山林を守ろうと国産材にこだわった全国の工務店が集結した「NPO法人環境共棲住宅 地球の会」。循環型社会の構築を推し進め、地球環境の改善に寄与すること、環境共棲住宅を日本全国に普及させることを志としています。
岐阜の木を使った家づくりを広めていく、「ぎふの木の住まい協議会」や「東濃ひのきと白川の家 建築協同組合」にも加盟し、建築大工訓練学校を運営している「濃飛建設事業者職業訓練協会」では弊社会長藤井が理事を務めています。日本の伝統技法や豊かな地元の山を守るためPRイベントや合同研修などに取り組み、これからも地域や人のために努めて参ります。

 

地球の会の画像
地球の会 公式Facebookより引用

 

SDGs宣言
株式会社新和建設は、地域の工務店のトップランナーとして住宅に関わる事業を通じ、地球環境への配慮や快適な住まいの提案、提供、CS実現を図ると共に、誰もが安心して健康に暮らすことができる社会を目指し、SDGsに積極的に取り組んでいきます。

新和建設の社員の画像

ページトップへ