フォトギャラリー

すべて|すべて

【古民家再生】世紀を超える古民家

愛知県稲沢市 K様邸

  • 古民家のリビング

    リビング①

    いつでも家族の気配が感じられるよう、LDKを中心に各部屋へアクセスする動線にしました。元の玄関部分をリビングに配置したことで、太く立派な梁を活かすことができ、天井は吹抜けにして光井戸を演出してみました。

    <before>

    改修前のリビング

    画像のみを表示全 9 枚中 1 枚目を表示Next ≫
  • 【古民家再生】世紀を超える古民家

    リビング②

    画像のみを表示全 9 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • ダイニングキッチン

    キッチン

    部屋が広過ぎてなかなか暖まらず、寒い季節は辛いキッチンでした。LDKを一体化にして、キッチンに居ながら家族と対話できるようにしました。暖かい足触りの杉板をフローリングに使用し、寒い季節も安心してくつろげます。

    <before>

    改修前のキッチン

    画像のみを表示全 9 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 玄関

    玄関

    土間から部屋に上がる段差が大きく、危険な玄関でした。新たな玄関は、増築して品格ある旅館のような雰囲気にしてみました。来客いただいた方へは、そのまま広縁に行けるようになりました。

    <before>

    古民家の玄関

    画像のみを表示全 9 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 階段ホール
    画像のみを表示全 9 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 古民家の和室

    和室

    昼間でも暗くて隙間風も入るのでいっそう寒く、損傷が酷い和室でした。既設の建具や柱などを最大限利用して、新と旧の融合をバランスよく仕上げました。

    <before>

    改修前の和室

    画像のみを表示全 9 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 洋室

    洋室

    寒くて暗いうえ、収納が少ない部屋でした。収納を設けることで、整理整頓ができるようになり、壁を白くすることで明るい雰囲気になりました。

    <before>

    古民家の部屋

    画像のみを表示全 9 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 改修した建物

    外観①

    屋根瓦は変色し軒先ラインも垂れ下がり、外壁も隙間がいっぱいでした。屋根軒先の水平ラインを修正して、外壁は耐久性の高いガルバリウム鋼板に変えました。雰囲気を醸し出す為、2Fに木格子を配して町屋をイメージした外観に仕上げました。

    <before>

    古民家の外観

    画像のみを表示全 9 枚中 8 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 古民家の外観

    外観②

    画像のみを表示全 9 枚中 9 枚目を表示≪ Prev     

担当者の一言

築107年の古民家、仲睦まじい3世帯がいつでも気配を感じられるように部屋を配しました。玄関にあった立派な梁を活かす為に、玄関をリビングにして、上部を吹抜け空間としました。リビングを中心に部屋を配して和室、個室、水廻り空間へアクセスできるようにしました。

すべて - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ