フォトギャラリー

すべて|すべて

【古民家再生】玄関に光が遊ぶ、美しい古民家

愛知県一宮市 K様邸

古民家のリビング

リビング①

くつろぎを感じられない、暗く寒い居間でした。差し鴨居、無垢の踏み天井板、一枚板で作られた板戸。現在では、なかなか手に入らない素晴らしい素材を、できる限り利用しながら改修しました。

<before>

改修前のリビング

画像のみを表示全 8 枚中 1 枚目を表示Next ≫
古民家のリビング

リビング②

画像のみを表示全 8 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
古民家のキッチン

キッチン

収納も少なく、昼間でも暗い空間なので、冬場は特に足元が冷え、寒さが辛いキッチンでした。対面式のキッチンにしたことで、背面に大容量の収納を設けることができました。また、床には【床暖房】を設置して、足元からぽかぽかと感じる、暖かいキッチンにしました。

<before>

改修前のキッチン

画像のみを表示全 8 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
古民家のダイニング

ダイニング

画像のみを表示全 8 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
古民家の外観

外観

屋根瓦は10年前に葺き替えをしましたが、外壁の老朽化がすすんでいました。1階はガルバリウムの外壁材に貼り替えました。2階は「ジュラク塗り壁」の塗り直しをして、全体的に古民家独特の重厚感を意識した外観としました。

<before>

改修前の古民家

画像のみを表示全 8 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
古民家の門

画像のみを表示全 8 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
古民家の玄関

玄関

大きな段差がある、狭い空間の玄関でした。天井を解体し、屋根裏までの吹き抜け空間にしました。広く明るくなった空間の中で、屋根を支える大きな丸太がアクセントになっています。

<before>

改修前の玄関

画像のみを表示全 8 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
吹き抜け

吹抜け

画像のみを表示全 8 枚中 8 枚目を表示≪ Prev     

担当者の一言

築100年の歴史を感じるお住まいを、現在の暮らしに合わせて暮らしやすくし、さらに100年先まで住み継いでいただける改修をしました。

すべて - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ