01 建てる時も建ててからも経済的

腐りにくい構造材と精確な工事で丈夫で長持ちする家

住まいにかかるお金は、「建てる時のお金」「光熱費」「メンテナンス・改築費」の3つに分けられます。新和建設では様々な方法で建設時のコストを削減しながらも、構造材に腐りにくく丈夫な国産材の木を使用。会社の品質基準に沿って工事を行い、劣化しにくく、末永く安心して暮らすことができる住まいが出来上がります。
このようにしてできた住まいは、気密性もよく「光熱費」も抑えることができ、長持ちもするため、「メンテナンス費用」も抑えることができます

可児展示場

 

02 住まいづくりのお金の内訳

家づくり以外に使われる費用

一棟の家を建てるのにかかる金額は「実質工事価格(建物の材料・職人の手間)」「下請けマージン」「会社経費」の3つに分けられます。
大手ハウスメーカーでは会社経費の割合が大きいことが多いのですが、新和建設では本当にいい家を建てて気持ち良く永く住んでいただけるように実質工事価格の割合を大きく、会社経費の割合を小さくしています。
他の会社と家を建てる金額が同じように見えますが、余分な費用を最小限に抑え、家づくりの「素材」や「技術」そして暮らしの「安心」に重点を置いた、上質な家づくりと暮らしに全力を注いでいます。

新築お金グラフ

 

03 時間を短縮でコストダウン

プランを描く件数を少なく、一邸一邸を丁寧に

新和建設では、プラン申し込みをいただいてから初めて設計士による間取りを提出させていただいています。これは新和建設に興味を持っていただいたお客様に対して100%の力でプランを作成するため。これによりプランを描く件数は少なくなり一邸一邸丁寧に時間をかけて描くことができます。
これが全体として設計士の作業時間が短縮になり、真剣に考えている方だけに間取りを描くことで人件費を抑えています。

図面の画像

 

04 自社設計・自社施工

外部委託の際かかるマージンをカット

デザイン性のある住宅の設計は外部委託で設計することが多く、ハウスメーカーの多くは下請け会社・孫請け会社が工事を行っています。
新和建設では、すべて自社の設計士がプランを描き、自社で工事を行っています。外部委託をするとかかってしまうマージン(利益)をカットすることで、コスト削減をしています。

 

 05 広告宣伝費を削減

身の丈にあった告知活動

広告の効果を毎年計測、不必要なものを精査し広告宣伝費を削減。
また多くのチラシを自社で作成することで広告企業に依頼するときにかかってしまう中間マージンをカットすることでコスト削減を実現しています。

新和建設が制作したチラシ

 

 06 長期優良住宅型式認定の取得

業務を簡略化し生産性アップで人件費削減

長期優良住宅の申請を一邸ごと行うと時間もかかり、人件費も多くかかってしまいます。新和建設は申請審査を短縮できる、木造住宅合理化システム「長期性能タイプ」の認定を、国土交通省の認定機関より取得することで、これまでかかっていた費用と時間の軽減を行っています。

長期優良住宅

 

 


新和建設の強み

高性能 技術力を持った大工棟梁と親身になってくれる社内スタッフ
素材のこだわり ニーズに応えるデザインと現場の提案力
高いコストパフォーマンス 充実したアフターメンテナンスと長期保証
ページトップへ