フォトギャラリー

すべて|すべて

【古民家再生】お客様と大工棟梁のこだわりがつまった古民家再生

愛知県愛西市 K様邸

薄暗がりの古民家

LDK

以前はキッチンと居間が独立し狭い空間でした。キッチンを中心に、リビングとダイニングがつながる広々とした空間になりました。リビングの天井は吹き抜けにし、立派な梁丸太を見せるようにしたことで、2階部分の窓から光を取り入れることも出来ました。

<before>

改修される前の古い居間の画像

画像のみを表示全 5 枚中 1 枚目を表示Next ≫
落ち着いた色合いの和モダン住宅

リビング

画像のみを表示全 5 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
木のカウンターがあるキッチンの画像

キッチン

暗くて寒い空間でした。リフォーム後はアイランド型のキッチンにして、広くて明るい空間になりました。

<before>

改修される前の古いキッチン

画像のみを表示全 5 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
美しく改修された日本家屋の玄関

玄関

以前の玄関は、広さはありましたがお客様をお迎えするには雑然としてました。その為、沓脱石(くつぬぎいし)から上がる縁側が「お客様用の玄関」になっていました。古民家のしつらえを生かした落ち着きある玄関になり、これでお客様もお迎え出来ます。

<before>

改修前の古い玄関

画像のみを表示全 5 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
日本家屋の外観

外観

もともとの外観イメージは崩さないで修復したいと思ってました。外観の雰囲気はそのままに、外壁・腰板の色合いを考えて仕上げました。

<before>

改修前の古民家の外観

画像のみを表示全 5 枚中 5 枚目を表示≪ Prev     

担当者の一言

古民家の良さを生かした、落ち着きある住まいになりました。無垢の床材や珪藻土の自然素材と築80年の梁や丸太が良く合います。工事中も、木が好きなご主人と大工さんが相談しながら共に作り上げた、こだわりの住まいです。

すべて - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ