フォトギャラリー

すべて|すべて

【古民家再生】築52年、甦る古民家ここに完成

愛知県春日井市 S様邸

  • 明るい色合いをした古民家の部屋

    リビング①

    北側に位置するリビングダイニングですが、ガラス瓦の採用により、明るい光が降り注ぐようになりました。また風通しにも考慮し快適な空間が実現しました。年月を重ねた梁が新しい空間になじみ、さらに存在感を増しています。三世代で住まうプライバシーを考慮し、介護に対応してバリアフリーにしました。家族団らんの賑やかな笑い声が、広々とした空間に響き渡ります。

    <before>

    光が入りにくい和室の画像

    画像のみを表示全 8 枚中 1 枚目を表示Next ≫
  • 桧の床材を使用した住宅の画像

    リビング②

    画像のみを表示全 8 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 桧のダイニングセットが置かれた部屋の画像

    ダイニング①

    画像のみを表示全 8 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • リフォームで改修された玄関の画像

    玄関

    昔ながらの土壁と建具が、少し「古めかしさ」を感じさせていました。玄関廻りのしつらえはそのままの雰囲気とし、ご主人様が大事に磨かれている木製建具も再利用させていただきました。既設の古材と新設の壁とが再生の匠の技によって絶妙な調和を見せています。

    <before>

    改修される前の古い玄関の画像

    画像のみを表示全 8 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 梁の見える吹き抜けの画像

    吹き抜け

    画像のみを表示全 8 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 人形が飾られた昔ながらの和室

    和室

    柱や欄間や建具など、先代が大切にしてきた思い出を大事に、さらに住み継いでいく心を表現しました。

    画像のみを表示全 8 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 古民家再生で改修された住宅の画像

    外観①

    外壁や雨戸などの傷みが目立ち、耐久性にも心配がありました。すっきりとしたデザインでありながら、これからの暮らしにあった合理性や耐久性を意識し材料を選定しています。刻んできた歴史にふさわしく、存在感のあるたたずまいに完成しました。夕暮れ時に窓から漏れる光が街を彩ります。

    <before>

    直す前の日本の住宅

    画像のみを表示全 8 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 改修された古民家の外観画像

    外観②

    画像のみを表示全 8 枚中 8 枚目を表示≪ Prev     

担当者の一言

工事中はいろいろな場面でご夫婦と新和建設スタッフ・五味川棟梁で打ち合わせした事を思い出します。特に北側の大きな吹き抜けがあるリビングです。何度も打ち合わせした結果、「本当によかった」と言っていただけた事は忘れられません。ご夫婦の愛着あるお住まいと共に末永くお付き合いできることを、楽しみにしています。

すべて - すべて にある

その他のフォトギャラリー

ページトップへ