お客様の声

すべて|すべて

340.伝統ある家の魅力を再発見

愛知県津島市Y様邸

古くから湊町として栄え、現在も津島神社の門前町として、昔ながらの街並みの残る愛知県津島市。今回おうかがいしましたY様邸も、そんな風情溢れる一角にありました。明治31年築という建物をリフォームしてお住まいのご夫妻に、そのお暮らしぶりをうかがいました。

外観

 かつては通りに面した3軒続きの町屋で、表具店だったというY様邸。台所やお風呂などの水回りを直したり、ご家族自身の手で壁を塗ったりと大切に住まわれてきましたが、ご主人がお仕事を定年退職されたことを機に、大幅なリフォームをされました。ご夫妻は「これほど古い家にこれからも住み続けられるのか」と心配し、住み替えを考えたこともあったそう。新和建設に家の調査を頼んだところ、構造材の良さを認められ「まだまだ大丈夫」と言われたことが、リフォームを決意した決め手となったそうです。奥様によれば「稲沢市で開催された古民家再生の見学会に行って、こんなにきれいにしてもらえるんだというイメージがわいたこともよかったです」とのことでした。

内観

 外観は格子を生かし、昔ながらの雰囲気を残しているY様邸ですが、内装は構造材だけ残して一新されています。以前は冬がとても寒かったとのことですが、サッシを二重にし、壁にも断熱材を入れたことで暖かく。床には桧の無垢材を使い、なめらかな質感で気持ちよく過ごされているとのことです。二階はとても低かったという天井を取り払って梁を出し、物置だった部屋を空けて床部分を格子にされました。格子を通じて二階からの光が一階にも入り、吹き抜けのように明るく開放感のある雰囲気となっています。 建具にも格子をあしらい、家具も昔ながらのものを配置するなど、伝統を感じさせる部分は残しながら、機能性を高め快適に暮らせる工夫のあふれるY様邸でした。

家族

「新和建設さんは古いものを大事にして、きちんとした技術で残してくれる。それができる会社はそうないと思います」とご主人。奥様にも「自分たちは古民家の落ち着いた雰囲気が好きだったのだと改めてめて気付かされました。息子の友達が来た時にも『格好いい』と家をほめられるのも嬉しいですね」と笑顔でお話しいただきました。(石黒)

こちらのお客様は、展示場に来場されました。

  展示場はこちら!  

すべて - すべて にある

その他のお客様の声

ページトップへ