スタッフブログ

クロス壁補修

2018/04/21(土) 内装

こんにちは、今回はクロス捲れの補修依頼です。

 補修前のクロス

理由はさておき、このようなめくれ補修を直してみました。この場合貼り替えるクロスをどうするか、今回は同じ部屋内にちょうど良いクロスがありそこの壁クロスを移植することにしました。

クロスがめくられた壁

 ①収納スペースのクロスをめくりました。

 

めくられたクロス

②捲ったクロスです。

クロスを貼る作業

③捲った部分は新築時残したクロス(新品)を貼ります。

 

クロスの張替え作業

④捲ったクロスに糊付けして貼ります。

 新築時にクロスを残していない場合、同じ品番クロスがあればそれでもOKです。今回のような柱の間等は新しいクロスが使えますが、何枚も貼る大壁の場合クロスのロットが違うと色むらや柄も合わないことがあるので注意が必要です。

ここからが、本来の補修貼り替えです。 

クロスの張替え作業

⑤既存側クロスと張り直しクロスを付き合わせるため切り付けます

 

クロスの張替え作業

⑥その後重なり部のクロスを取り除きます。

 

クロス張替え作業

⑦その後重なり部のクロスを取り除きます。

   

 

張り替えた後のクロスはこんな感じです。

張り替えられたクロス

 

貼った直ぐは色も少し濃く、よれた感じになります。乾燥すると色むらも無くなり、よれも無くなり違和感なくなります。

このように補修することができます。

壁に穴を開けた場合はプラスターボードの補修も加わりますが、たいていの補修はできます。

参考にどうぞ、相談も受け付けています。

記事一覧

1ページ (全24ページ中)

ページトップへ