スタッフブログ

バリアフリー住宅なら平屋の家

2020/03/13(金) 平屋

みなさんこんにちは。新和建設の広報担当です。

家を建てるとなったら、デザインや間取り以外にも住み心地や住みやすさも気になりますよね。

そこでおすすめなのが老後のことや体が不自由になったときも快適にすごせるバリアフリー住宅。小さなお子様がいるご家庭で子供の階段の上り下りが不安、心配な方にもおすすめです。

特に2階がない平屋は、バリアフリー住宅には最適です。

平屋のバリアフリー住宅のメリット

1 . 家庭内の事故を軽減できる

冒頭でもお伝えしましたが、平屋には2階がなく、階段もないので転倒や転落するリスクが軽減されます。
また、杖や車いすを使用されている方は、段差がないのとバリアフリー仕様で廊下や開口部が広めになっているので動きやすいというメリットがあります。

 

画像

 

 

2 . メンテナンスが楽

2階建てと比べて家自体の規模は小さくなるので、メンテナンスや掃除は楽になります。
また、外壁や屋根などのメンテナンスを業者に依頼した場合、2階建ては足場の設置費用がかかります。
平屋では足場も小さくなるので、その分の費用を抑えることができます。

 

外壁が白い平屋の家の画像

 

3 . 室内の温度管理がしやすい

高齢になると起こしやすいヒートショック。家の中での急激な温度差が原因で発生します。
特に冬場の、お風呂から脱衣所に移動したときや、暖房のかかった部屋から廊下へ出たときなどに起こります。
ヒートショックが起こらないようにするには、家の中の温度差を極力少なくすることが効果的です。
平屋であれば、2階建てよりも規模が小さいので全館床暖房や、廊下をなくし部屋全体を一体化する設計で温度差が少ない住まいがつくりやすくなります。

 

LDKと和室が一体化になっている平屋の画像

 

このようにバリアフリー仕様の平屋の家は、誰もが安心して暮らすことができる住まいです。


ぜひ、こちらもご覧ください!

 

平屋についてもっと知りたい方はこちら白い外壁の平屋の家の画像
 
平屋の施工例はこちら木造の平屋の家の画像

 

記事一覧

1ページ (全50ページ中)

ページトップへ