スタッフブログ

【アイデア実例】おしゃれ和風・和モダンのリフォーム

2020/11/13(金) リフォーム

実家に帰ったときや古民家カフェのような昔ながらの「和」の空間にいると、心がほっとすることはありませんか?
「和風」の空間には、私たち日本人の心を穏やかにしたり、安らかにする効果があるのかもしれませんね。

一口に「和風」と言っても、純和風、和モダン風など和風住宅にはさまざまなタイプがあります。
和風住宅のタイプは、元々の住まいがどんな住まいであったかと、リフォームをする際にどの程度元々の住まいを残すかで変わっていきます。

今回は「和」を感じるリフォームの事例とそのポイントをご紹介いたします。

もくじ
純和風リフォーム
和モダンリフォーム
まとめ

純和風リフォーム

純和風リフォームのポイントは昔からある日本を住まいの構造を見せるつくり、また木や土や和紙など昔から存在する素材を多く活用することで、純和風の住まいを演出することができます。

 

1.真壁・塗り壁

和風リフォーム 構造となる柱が壁の中に隠れるのではなく、表面が室内などから見えるかたちの壁のことを「真壁」と言います。真壁は和風住宅の大きな特徴の一つです。また、柱と柱の間の壁も塗り壁などの調湿効果のある自然素材で仕上げるのも和風住宅の特徴です。

 

2.天井羽目板

和風リフォーム天井羽目板

天井羽目板は、木の種類や節あり節無し、貼り方、木の大きさによって、住まいの雰囲気が変わります。

天井、床、壁。室内の見える木の割合が大きいと和の要素が強くなります。

 

3.本格的な和室

和風リフォーム和室

障子や襖で囲まれた和室からは本格的な「和風」を感じることができます。また、欄間(襖の上部のデザインが施された木材)があることでより和を演出することができます。

雪見障子は季節の移ろいも楽しむことができ、室内だけでなく庭とのつながりからも和を感じることができます。

 

4.玄関

和風リフォーム玄関 玄関の正面にアクセントで色の異なる塗り壁にし、漆を塗った棚を設置することで、和風の旅館のような印象になります。間接照明の赤味のある色と塗り壁の相性はよく、ほっと落ちつく空間を演出します。手すりは既製品ではなく、木そのものの形のものを使用、これがより和の雰囲気を引き立てます。

 

5.無垢の素材

和風リフォーム無垢床

無垢のひのきや桜など色が白い床材を採用すると和風の空間になります。幅の広い床材を採用すると高級感もでて、より「純和風」を演出することができます。

 


和モダンリフォーム

和モダンとは日本の伝統的なデザインと現代的なデザインが融合したデザインのこと。元々の住まいの木材、伝統的な和のデザインの建具などを活用しながら現代的な住まいをつくることで和モダンを演出することができます。

 

1.大壁・白壁

和モダンリフォーム大壁 和モダンの空間を演出する際は、構造の柱を隠す大壁をよく採用します。真壁は「和」の印象が強いため、大壁にすることでそれを抑え「モダン」を演出することができます。また、壁の色を白にすることで、元々の濃い木材の色とメリハリがつき、シャープな印象に仕上げることができます。

 

2.採光の取り方

和モダンリフォームロールスクリーン カーテンは使わず、リビングであれば、和紙のロールスクリーン。和室であれば障子を使うなど、柔らかい光が入るようにすると部屋全体が優しい光に包まれ、心落ち着く空間を演出します。

 

3.タタミコーナー

和モダンリフォームタタミコーナー 和風で欠かせないタタミ。タタミと聞いて思い浮かぶ形は長方形のものが多いと思いますが、正方形の「琉球畳」を採用するとモダンに仕上げることができます。また、タタミの色は緑だけではありません。近年ではさまざまな色の畳があり、黒やグレーなど落ちついたトーンの色にすることで、よりモダンな印象に仕上げることができます。

 

4.梁・構造

和モダンリフォーム構造

構造をどの程度見せるかで純和風になるか和モダンの印象になるか決まってきます。大壁にし、構造の柱を見せず、梁を見せると和モダンの印象になります。吹き抜けを設けて梁を見せるとより趣のある空間になります。

 

5.アクセントウォール

和モダンリフォームアクセントウォール 部屋の一部の壁にアクセントウォールを設けることで、部屋を華やかに魅せることができます。タイルを用いると重厚感が出て「モダン」な空間を演出することができます。

 

6.格子を施した家具・建具

和モダンリフォーム格子の家具

元々のデザインされた建具を活用したり、格子を施したデザインの家具を採用することで、趣のある空間を作り出すことができます。

 

7.アクセントクロス

和モダンリフォームアクセントウォール アクセントウォールと同じように部屋を華やかに見せることができます。アクセントクロスはさまざまな色があり好みにあった和モダンの住まいをつくることができます。明るい印象にするには「朱色」や「山吹色」。シックな印象にするには「紺色」や「灰色」。日本古来の色や淡い色でコーディネイトすると「和」との相性がよく、おすすめです。

 


まとめ

純和風リフォームと和モダンリフォームを紹介させていただきました。
元々の住まいをどの程度活用し、リフォームするのか。また、昔から日本にある素材を使うのか、現代的な新しい素材を使うのかによっても大きく印象が変わってきます。

今回紹介した住まいの他にも和風、和モダン、古民家風、洋風とさまざまなタイプのリフォームの実例がありますので、ぜひご覧ください。

 

リフォーム・リノベーションに
ついてもっと知りたい方はこちらリフォームした和風の家の画像
 
リフォーム・リノベーションの
施工例はこちら
リフォームした玄関の画像
 
リフォーム・リノベーションの
展示場はこちら
画像

 

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ