スタッフブログ

ハウスオブザイヤーインエナジー2020 優秀賞を受賞しました

2021/03/16(火) トピックス

この度、新和建設では省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する『ハウスオブザイヤーインエナジー2020』において、電気仕様住宅、ガス仕様住宅がそれぞれ優秀賞を受賞いたしました。
年々省エネルギー住宅への意識が高まり、応募企業数・申請件数が増加する中、昨年に続き2年連続受賞することができ、大変嬉しく思っております。

優秀賞(省エネ地域区分5-6地域)

 

優秀賞(省エネ地域区分6地域)

 

ハウスオブザイヤーインエナジーとは?

ハウスオブザイヤー2020

 

一般財団法人日本地域開発センターが実施している、建物外皮とエネルギー設備機器を一体としてとらえ、トータルとして省エネルギー性の優れた住宅を表彰する制度です。
さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指しています。

 

太陽光パネルがついたエコな家の画像

 

太陽光パネルがあるエコな家の画像

 

 評価の視点

1 外皮・設備の省エネルギー性能値

住宅の躯体・開口部・設備機器の性能を「住宅の省エネルギー基準※(平成29年10月1日施行)」により数値化して評価
※建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)、および住宅部分の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準

 

2 多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性、その他の取り組み

1での定量的な評価が難しい省エネルギー技術・手法および健康、快適性、その他の取り組みなどを総合的に評価

 

3 省エネルギー住宅普及への取り組み

供給戸数、情報発信等を考慮し、省エネルギー住宅普及への各種取組を総合的に評価

記事一覧

1ページ (全52ページ中)

ページトップへ