スタッフブログ

黒川農業研修交流施設「黒川 Maruke(マルケ)」

2018/04/16(月) トピックス

岐阜県白川町黒川の黒川保育園前に、農業研修・交流施設が竣工しました。白川町からの工事発注で、新和建設が施工した建物。施設の愛称は、「黒川らしさいっぱいにしていきたい!」という気持ちを込めて、『黒川 Maruke(マルケ)』となりました。「マルケ」とは名古屋の方言で、「ほこりまるけ」とか「口の周りがきなこまるけ」などと使う「まるけ」のことです。

黒川農業研修交流施設

施設へは、4月から研修生が2名入られるそうです。1階の交流スペースでは各種交流イベントのほか、黒川のミライを語り合い、具現化していく場として、いろんな方々のアイデアで様々に活用していきたいと計画しています。(Maruke チラシより)

黒川農業研修交流施設

黒川農業研修交流施設

黒川農業研修交流施設

黒川農業研修交流施設

白川町黒川には、農業をやりたいというご家族が66人も移住しているそうです。新和建設と深い関わりのある黒川。いろいろなかたちで、街の活性化に貢献できればと思っています。


●事業概要●

<事業名>
地方創生拠点整備事業 黒川農業研修交流施設

<事業期間>
平成29年9月~平成30年3月

<事業主体>
岐阜県白川町

<施設の所在地>
岐阜県加茂郡白川町黒川128番2

<施工>
株式会社新和建設

<設計・監理>
大日コンサルタント株式会社

<施設概要>
黒川農業研修交流施設~黒川 Maruke~
木造二階建 延床面積130.22㎡ 個室数3室 交流スペース有り

記事一覧

1ページ (全51ページ中)

ページトップへ