スタッフブログ

【建具関係】簡単な障子の張り替え方

2019/12/23(月) メンテナンス・DIY

みなさんこんにちは。広報担当です。

和室にかかせないものと言えば、障子ですよね。穏やかなやさしい光が入り落ち着く空間にしてくれます。そんな障子に穴があいたり黄ばんでしまったりしても、そのままにしていませんか?障子の張り替えは結構大変と思っていらっしゃる方も多いと思います。

そこで今回は簡単にできる障子の張り替え方を説明します!
(今回はプラスチックではなく、和紙を使用した障子の説明です。)

障子に穴があいた画像

ー用意する物ー

はがすとき

・スポンジと水 
・障子はがし剤(古い障子がべったり張り付いて、はがしにくそうな場合)
・雑巾
・割り箸
・紙やすり

貼り付けるとき

・障子紙 
・障子ののり 
・ハケ  
・カッターナイフ 
・金属製の定規 
・霧吹きスプレー

 

ー障子紙のはがし方ー

①障子紙が張り付いている部分を、水を含ませたスポンジで濡らす。(障子紙はがし剤でも可)
 
注意:障子全体を濡らすと反りの原因になるので要注意。

②数分待ってノリが柔らかくなったら、障子紙をゆっくりはがす。

③ノリが厚く残っているようなら割り箸の尻の部分でこそげ落とす。
このとき※桟(さん)が毛羽立つことがありますが、紙やすりなどで削って平らにしてください。
※桟とは・・・障子の骨組み

④固く絞った雑巾で桟と枠のノリを綺麗に拭き取り、(障子紙はがし剤を使用した場合は特に念入りに)乾くまで待つ。

 

簡単な障子の張替えの方の画像

 

ー障子紙の貼り方ー

①障子紙を桟の上に乗せ、枠ののりしろから障子紙の上端を2㎝ほど出し、出た部分の真ん中をテープで仮止めする。

②障子紙のロールを少し転がして、曲がりを補正したら、上端の左右にもテープを張って固定する。

③ロールをいったん巻き戻し、桟にノリを塗る。縦を全部塗り終わったら次に横というようにすると、塗り忘れが無い。最後に枠部分にノリを塗る。

④ノリを塗った桟の上に障子紙を曲がらないように転がす。

⑤手で桟と枠の上から障子紙を押さえてよく接着させる。縦の桟は上から下へ、横の桟は左から右へと、貼り付ける。

⑥ある程度ノリが乾いたら、定規を当てて余分な紙を切ります。枠の内側に浅い段差(※紙じゃくり)がある場合は、その段差に沿って切る。

⑦紙じゃくりの無い場合は、ノリしろを6mmくらい残して切る。カッターは寝かして使い、少しでも切れ味が悪くなったら刃を折って新しくする。

⑧張り終えてたるみがあるようなら、霧吹きで障子紙全体を湿らせると乾いたときにぴんと仕上がります。

 

簡単な障子の張り替え方の画像

 

きれいな障子で新年を迎えましょう!

記事一覧

1ページ (全51ページ中)

ページトップへ