スタッフブログ

リフォーム中の仮住まいはどうする?必要な手続きや注意点も解説!

2022/03/18(金) リフォーム

引っ越し仮住まい

何とか住みながらリフォーム工事ができれば、仮住まいの出費を抑えることができるのにと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、自宅をリフォームする際、工事内容によっては仮住まいが必要になります。特に水廻り工事や内装の工事などがあれば、通常の生活ができないので仮住まいの準備が必要になります。もし仮住まいをする場合、どのような手続きが必要でどんなところに注意すれば良いのか考えなければなりません。
今回は、自宅をリフォームする場合の仮住まいについて解説します。

*もくじ*

1│リフォーム中の仮住まいとは?

2│仮住まいが必要なケースとは?

3│仮住まいで注意すべきポイント

・ウィークリーマンション
・賃貸マンション
・ホテル

4│一時引っ越しの必要な手続き

5│まとめ

リフォームリノベーションのページを見る リフォームリノベーションの施工事例を見る

 

リフォームガイドブックプレゼント

 

1│リフォーム中の仮住まいとは?


引っ越し準備

リフォーム中の仮住まいとは、自宅のリフォーム工事の際に工事中のみ一時的に借りる住宅のことです。
自宅のリフォーム工事中は、水廻り工事や床や壁、天井などの内装工事の範囲や規模によっては仮住まいが必要になります。
また、リノベーションやフルリフォームなどの大規模工事はもちろんですが、工期が長くかかるリフォーム工事もあります。例えば、床を無垢の床材に張り替える場合などは、複合フローリングなどとは違い1枚1枚貼っていく必要があり工期がかかります。そのため工事が長期間にわたると工事中のあらゆるストレスから、仮住まいを選んだ方が良い場合もあります。施工する側も人が住んでいる状況で工事をするとなると、ホコリや音を気にしながら工事をしなければなりません。
そこそこの規模のリフォーム工事であれば、引っ越しは大変ですが仮住まいに移った方が工期も短くなり双方にとって良い場合もあります。自宅をリフォームする際は仮住まいに移った方が無難ですが、費用もかかるためその判断基準は難しいのでよく検討しましょう。

 

2│仮住まいが必要なケースとは?


 引っ越しライフライン

それではリフォームする際に、仮住まいが必要なケースと必要ないケースを紹介します。判断基準を理解して、仮住まいが必要なのかを明確にしていきましょう。

 

必要なケース

仮住まいが必要なケースは、大規模なリフォーム工事をする場合です。柱や梁など構造体を残して行うスケルトンリフォームや、住宅設備など全て入れ替えるような大きな工事は工期もかかるので仮住まいは必要です。キッチンやシステムバスなどの設備交換のみなら、仮住まいは必要ないかも知れません。しかし、その周辺の床や壁、天井の張り替えなど内装工事が入れば工期もかかるので仮住まいに移った方が良いでしょう。また、小さな子供や高齢者がいるご家庭では危険なので出来るだけ仮住まいを選んだ方が懸命です。工事期間中は工事の道具や材料が置かれていたり、施工途中の現場はどうしても危ない状況になってしまいます。
仮住まいが必要と判断する基準は、工事期間中に家族の生活が成り立つかどうかという点です。家族全員がストレスなく暮らせるのかどうか、家族に危険が及ばないかを考え仮住まいを選択するか決めましょう。不明な場合は、リフォーム業者のアドバイスを参考にすることをおすすめします。

 

必要ないケース

仮住まいが必要ないケースは、小規模のリフォーム工事です。小規模リフォームは、生活の支障が少ないため仮住まいを必要としません。ただし、小規模といってもトイレの交換などは1日で終わりますが、数日かかる工事もあります。例えばキッチンを同じ場所に入れ替え周囲を補修する場合など、その工事期間中のみキッチンが使用できなくなります。そのため食事は、外食やお弁当購入などでしのぐことが多くなり不便です。何とか生活に支障が出ない範囲であれば、費用がかさむ仮住まいは必要ないでしょう。ただ、工事関係者の出入りがあるので、ホコリや音のストレスは避けられないためリフォーム中心の生活になることも考えられます。

 

3│仮住まいで注意すべきポイント


FP風景

仮住まいを利用する場合、工事中のさまざまなストレスから解放されるメリットがあります。しかし、その反面コストがかかることや短い間に2度も引っ越しをしなければならないデメリットもあります。工事中のストレスはあるにしても我慢することができるのであれば、メリットとデメリットを考えどちらが良いかを判断しましょう。
仮住まいを選ぶ時の注意点を紹介します。

 

仮住まいにかかる費用を確認する

仮住まいを契約する前に注意すべきポイントは、敷金・礼金・引っ越し費用を確認することです。費用を確認しないと、予算が大幅にオーバーしてしまう可能性があります。仮住まいは、その条件によってかかる費用が大きく変動します。例えば、賃貸住宅などを選ぶ場合は敷金・礼金がかかるケースがあります。しかし、中にはその費用がかからない賃貸物件もあるので探してみましょう。また2回の引越し費用も必要なので、引越し業者の見積を比較して、できるだけ費用を抑えるのがおすすめです。

 

部屋の間取りや広さを確認する

各家庭の家族構成によって、部屋の広さと部屋数を確認しましょう。短期間とはいえ家族全員が生活するので、支障のないように物件を選ぶことが大切です。大きな荷物は引っ越し業者に預けたり、トランクルームを活用したりして、工事期間中にどうしても必要なもののみを仮住まいに運ぶと荷物が少なく済みます。仮住まいを選ぶ際は、家族構成によって間取りや広さを考えて決めましょう。

 

仮住まいの選び方

仮住まいを選択した場合は、業者に紹介してもらうのか自分で探すのか2つのケースがあります。業者に依頼すれば楽ですが選択肢が少なく、自分で探すにはそれなりの時間と手間がかかります。時間のある人は自分で探して費用を抑えられる物件を見つけましょう。一方、時間がなく多少の費用が多くなっても楽な方が良い人は業者に任せましょう。

仮住まいをする場合、さまざまな選択肢があります。

  • ウィークリーマンション
  • 賃貸マンション
  • ホテル

などが挙げられます。

1〜2日で終わる工事ならホテルでも構いませんが、1〜2週間かかるなら短期間用のウィークリーマンション、数ヶ月以上かかるなら賃貸マンションというように工事期間に応じて使い分けると良いでしょう。

 

ウィークリーマンション

ウィークリーマンションの場合は、敷金や礼金がないので気軽に入居ができます。光熱費などが賃料に含まれていることが多いので、支払いや手続きが楽です。また、ガスの開栓手続きなどの立会いの必要も無いので手間が省けます。しかし、賃料がやや高いことや単身者向けが多いため、狭い間取りが多く家族が多いと生活できないこともあります。

 賃貸マンション

賃貸マンションの場合は、部屋の広さや間取りなどバリエーションが豊富なところがメリットです。従来の生活ができるため、ストレスは少なくて済むでしょう。しかし短期の契約が成立しにくいため選べる物件は少ない可能性があります。

 

ホテル

ホテルの場合は予約さえできればその日のうちに移動が可能です。家具を移動する必要もなく仮住まいとして気軽に利用できるのですが、費用が高くなりがちなため長期滞在には不向きと言えるでしょう。

 

4│一時引っ越しの必要な手続き


 引っ越し

一時引っ越しに必要な手続きを解説します。

 

光熱費の利用停止

水道、ガス、電気の内、工事に必要のないものは利用停止にします。水道と電気は工事に必要なことが多いのでリフォーム業者に確認しましょう。利用停止方法は、利用している企業に電話で問い合わせてみましょう。

 

郵便物の転送

郵便局に転送届を出すと仮住まいに郵便物が転送されます。スマホを使ってネットでも手続きが簡単にできるので便利です。

 

電話、インターネットの手続き

固定電話がある場合は、利用を休止するか一時中断手続きをしましょう。インターネットに関しても、リフォーム期間中の対処方法をサポートなど電話で問い合わせるのが良いでしょう。

 

住民票の移動は不要

1年以内の仮住まいであれば住民票の移動は必要ありません。また、子供が学校に通っていてもその学区内であれば、届出はしなくても通常通り通うことができます。

 

5│まとめ


自宅をリフォームする場合の仮住まいについて解説しました。工事期間や工事の規模によって、仮住まいが必要なのかを判断することが必要です。仮住まいを選択した場合は、出来るだけ費用を抑えられるように住む場所や荷物の預かり場所などを比較検討して予算と希望に合った選択をしましょう。

 


 ぜひこちらもご覧ください
特設ページはこちら
リフォームした和風の家の画像
 
施工例はこちら
リフォームした玄関の画像
 
展示場はこちら
画像

リフォームガイドブックプレゼント

記事一覧|リフォーム

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ